プールで妻が男達に弄られまくった痴漢体験談

ある日、私はネットサイトで岩○のケ○○ワ○○ドが今年で閉館する事を知った。

子供が出来て何度か遊びに行った場所であり、妻が初めて痴漢された思い出の場所でした。

正直ショックが大きく、もう一度行きたいという気持ちが込み上げていたんです。

その事を妻に教えると

「え!?結構良い所だったのに…残念ね」

と、私と同じ気持のようでした。

子供も

「え〜じゃ、無くなる前にもう一度遊びに行こうよ」

と言うので、妻と相談して出かける事にしたんです。

(子供が行きたいと言わなくても、絶対行こうと思ってましたが)

そして、私は去年の夏に知り合った家族(伊藤さん夫妻)を思い出し、誘ってみる事にしました。

『久々です。元気ですか?・・・今度ケ○○ワ○○ドに行く予定を立てています。一緒に行きませんか?』

伊藤さんからすぐに返信が来て

『必ず行きますよ!楽しみにしてます』

とノリノリな感じでした。

予定日の3日前になり、伊藤さんからメールが届いたんです。

内容は"伊藤夫人が仕事で来れない"というものでした。

伊藤夫人は看護師で休みもバラバラだと聞いていたんで、休みが合わなかったのか休めなくなったんでしょう。

文面の最後には、ひたすら謝りの絵文字。

『残念ですけど仕方ありませんよ!伊藤さんと子供は来るんでしょう?』

と返信すると

『はい!でも前のお返しに妻で楽しんで頂きたかったのに・・・残念です』

と書かれており、確かに正直ガッカリしていました。

でも伊藤さん1人の方が、前の続き(妻に悪戯させる)が出来ると思っていたのも事実です。

旅行前日、風呂から上がった妻が寝室で陰毛の手入れを始めていたんです。

私が部屋の戸を開けると

「あっ・・・ビックリした!」

妻が下半身丸出しでM字状態で毛反りを持っていた。

私「手入れか(笑)俺が手伝ってあげようか?」

妻「恥ずかしいからいいよ」

私「なぁ、お願いあるんだけど・・・」

妻「なに?」

私「アソコの毛、全部剃ってみないか?」

妻「え〜ヤダ〜!本気?」

私「いいじゃないか?頼む!」

妻「だって後でチクチクしない?」

私「お前、毛が薄いし大丈夫だって・・・」

妻「ん〜今回だけよ」

妻は渋々ではあったが承諾してくれ、私が妻のアソコの毛を全て剃り上げたんです。

私「凄いエッチな感じだなぁ。もう食べたくなったよ」

妻「もう!ちょっと・・・ヤダ・・・舐めないで・・・」

私「最高だよ、今回どの水着着るんだ」

妻「ん〜黒の水着にしようと思うんだけど」

私「モノキニか!いいねぇ〜。あれ確か肌色のインナー着るんだよね」

妻「そうよ、何で?」

私「毛剃ったし、何も着なかったらどうかな?」

妻「そ、それは流石に周りにバレちゃうよ!」

私「ちょっと試してみよう」

妻にインナー無しで水着を着けさせてみると、案外分からない。

私「全然分からないよ、メッシュが細いからかなぁ」

妻「ん〜一応インナー持って行っていいよね?」


私「そうだね」

そうして私達はお互いの体を求め合い、眠りに付いたんです。

翌朝、現地岩○県を目指して車を走らせ、途中のインターで伊藤さんと合流した。

いち早く車から降りて来たのは、小学5年になった息子(タケ君)だった。

タケは小走りに後部座席に近付くと

「久しぶり!」

と後部座席の息子に声を掛けていたんです。

学生になった息子も

「お〜元気だったか!」

と兄ちゃん顔でハイタッチをしていました。

伊藤さんも車から出て来ると

「お久しぶりです。今日も暑いですね」

と妻にも声を掛けていました。

子供達が一緒の車で行きたいと言うので、伊藤さんの車に乗せて貰い、後ろを付いて行く事になった。

現地に到着した私達は、プール横のホテルに入った。

部屋は、伊藤さんと並びの部屋で眺めも良かったんです。

荷物を置くと、息子が着替えを始め

「先行ってるよ!」

と部屋を出て行ったんです。

私も着替えを終え、タバコを1本吸いながら妻の水着姿に見とれていた。

正直、布地が小さく胸の肉が食み出している所やV字の股間は凄くイヤらしく見えていたんです。

妻「本当にインナー着けないの?」

私「いいだろ、恥ずかしくなったら付ければいいじゃない」

妻「ん〜伊藤さんも居るし、凄い恥ずかしいなぁ」

私「黙っていれば分からないよ、それに一度見られてるし・・」

妻「それは貴方が・・・」

そう言いながら妻の頬が薄ら赤らめているのが分かった。

妻の準備も終えた私達は隣の伊藤さんを誘いプールへ向かいました。

妻の後ろを歩きながら、伊藤さんが"相変わらず、良い身体してますよね"と耳元で囁いたんです。

私「内緒ですけど、妻インナー着けてないんですよ。薄く見える肌色は、素肌なんです」

伊藤「そうなんですか?じゃ、アソコの毛が・・・」

私「実は、アソコも全て剃って来たんですよ」

伊藤「えっ、本当ですか?」

私「何なら、前からじっくり見ても良いですよ」

伊藤さんも興奮している様で、股間が大きく前に張り出していたんです。

プールサイドに荷物を置き、休むスペースを確保した時、子供達が近寄って来て

「俺達流れるプール行くから」

と言い残して走り去っていったんです。

私達も浮き輪を膨らまし、波の出るプールに向かいました。

伊藤「大人3人で遊んでいるなんて、ちょっと恥ずかしいですね」

私「そうですか?子供は子供、大人は大人同士で良いじゃないですか?」

妻「そうね、子供が居ない訳じゃ無いんだし、大人も楽しまないと」

伊藤「そうですね!」

妻はどんどん奥に進み、波に揺られてはしゃいでいた。

私「伊藤さん、そろそろ妻に触れたくなったんじゃないですか?」

伊藤「そ、そんな…良いんですか?」

私「そのつもりだったんでしょ」

伊藤さんがスイスイと泳ぎだし、妻の浮き輪に掴まっていました。

少し離れた所から2人の様子を伺っていると、妻の後ろから抱きかかえる体勢で伊藤さんが掴まっていたが、やがて妻の表情が変わり始めたんです。

軽く唇を噛んだり、目を瞑ったりと何か感じている時の仕草なんです。

"早速悪戯を始めたのか?"

そう思っていました。

ゴーグルを着け、2人の傍で潜って見ると、やはり伊藤さんが妻のマ○コに手を伸ばし指先をクイクイ動かしています。

"もう、伊藤さん始めっちゃってたか"

伊藤さんの股間ももっこり膨れ上がり、今にも海水パンツから食み出そうな勢いになっていました。

やがて伊藤さんが妻の水着の隙間から指を中に差し込み、生のマ○コに入れ始めたんです。

妻は必死に堪えている様子で、何度も目を瞑り唇を噛んでいました。

2人の傍に向かうと、妻も恥ずかしそうな顔で、

「楽しいわ」

と一言。

伊藤さんはニヤニヤとしながら

「奥さん、最高ですよ」

と耳元で囁いたんです。

妻の前に立ち、胸を触ると

「ちょっとあなた・・・こんな所で・・・」

と言いながらもハァハァ息を荒らしている妻。

伊藤さんはバックから妻の穴を責めたてている事でしょう。

妻の手を股間に持って行き握らせると、

「凄く固くなってるよ」

と顔を赤らめながら答える妻だった。

そんな妻を連れ、私達は流れるプールに移動しました。

妻を中心に両脇に私と伊藤さんが並び、再び妻の体を甚振(いたぶ)るんです。

マ○コを触ると、もうヌルヌルが全開に出て水着の上からも分かります。

"お前濡れてるのか?"と耳元で聞くと"うん"と頷く妻。

伊藤さんは今度は胸を鷲摘みしている様でした。

そんな事を繰り返しながら、プールを1周した頃に、2人の男性がずっと近くで泳いでいる事に気づいたんです。

20代前半と言った感じの男性はチラチラこちらを見ながら、時折水中に潜ったりしていたんです。

"見られたか?"

そんな中、妻は全く気付く事も無く、ハァハァ息を荒らし、アソコを濡らしているのでした。

「伊藤さん!ちょっとトイレにでも行きませんか?」

と耳元で囁き、

「え?イイですけど」

と妻の元から離れたんです。

伊藤「どうしました?」

私「ちょっと、気になるのが現れたので・・・」

伊藤「気になる?」

私「私達の行為を覗き見る人が現れたんですよ」

伊藤「そうなんですか?それは困りますね」

私「まぁ、ちょっと様子を伺います」

そう言って、大分遅れてまたプールに入り、妻の後ろから早泳ぎで追いかけたんです。

プール1/3位進んだ辺りで、ようやく妻の姿を見つけたんです。

私が予想した通り、例の男性が妻に寄り添う感じに泳いでいました。

ゴーグルを着け、近くで潜るとやはり妻の体に手を伸ばし、触りまくっていました。

妻も気づいている感じですが、抵抗する気配がありません。

男達は妻が全く無抵抗な事を良い事に、水着をズラシ生のマ○コを触り始めたんです。

そしてもう1人が首紐を解き、生乳を揉み始めると妻も辺りをキョロキョロと見始めていました。

伊藤「いいんですか??奥さんヤバいですよ」

私「もう少し見てましょう、こういうの凄く興奮するんです」

伊藤「そうでしょうけど・・・ヤラれちゃいますよ?」

私「こんな所では無理ですよ」


暫くの間、妻は彼らに弄ばれ感じさせられたんです。

「探したよ」

その言葉に男性が気づき、妻から離れる2人。

妻も驚いた表情で首紐を直す所でした。

「また、変な男に悪戯されていたのか?」

と聞くと

「だって・・・あなたが変な事するから、見られてたの」

そんな妻の姿が凄く美しく感じる私でした。

男性2人は、

「チェッ」

と口を鳴らし、その場から離れて行ったんです。

伊藤さんがまたマ○コに触れたようで

「凄い濡れ様ですよ」

と耳元で囁きました。

流れるプールから上がって休憩していると、息子達も戻って来たので昼食にしたんです。

昼食を終え、息子達は直ぐにプールに向かう所だったので、

「お父さん達、飽きたら部屋に戻っているからな」

と伝えると、息子達は

「分かった」

と言ってプールに消えて行きました。

その後、私達はプールを離れ部屋に戻ったんです。

部屋でビールを飲み始めると同時に3Pを始めました。

妻も午前中の出来事にムラムラしていた様子で、何も言わず私達に体を預けて来たんです。

妻の服を剥ぎ取り、裸にすると私は無我夢中に濡れまくったマ○コにチ○ポを差し込んでやったんです。

「あぁ…凄い気持ちいい…あなたもっと激しくして…」

妻は今までにないくらいに喘ぎ声を上げていました。

伊藤さんも全裸になり、妻の胸にしゃぶり付き、やがてディープキスを始めたんです。

私はそんな妻の姿を見ながら一発目を発射させました。

伊藤さんと交代し、酒を飲んでいると伊藤さんは更に激しく妻を責めたて、やがて妻は逝きました。

目の前で妻が他人に差し込まれる姿に、私の息子も直ぐに起き上がり、異常に興奮状態だったんです。

やがて伊藤さんも果て、直ぐに私が2度目の挿入を始めたんです。

2度目の絶頂を迎えた妻の姿が凄くイヤらしく見え、そして私を興奮させるんです。

その後、伊藤さんも2度目の挿入を果たし、3人は布団の上に横になったんです。

ヒクヒクする妻のマ○コは、まだ欲しいと言わんばかりに蠢いていました。

結局その夜も、子供達が隣の部屋で寝ると3Pで深夜遅くまで楽しんだんです。

翌朝、ケ○○ワ○○ドに別れを告げ、帰路につきました。

途中、伊藤さん家族とSAで別れ、

「また必ず会いましょう今度は4Pで・・・」

と約束したんです。


PageTop